伝統的なインドのティフィン(日中の軽い食事という意味のイギリス植民地時代の名前)は積み重ねられる金属の容器です。100年以上に渡り、これはこの地域でおいしい家で作った食事を持ち運ぶのに好まれる方法です。

これらは現代的に発展して、容器はステンレススチールで作られるようになり、真空保温ケースで温度を保てるようになりました。

この伝統的な取り組みに基づき、当社の Vaya Tyffyn は重要な改善を行いました。賢い温度管理システムの最新技術と洗練されたスタイルを使って、世界にインドの伝統をもたらすことになりました。

VacuTherm™ (真空保温)技術

当社の商標である VacuTherm(真空保温)技術によって、Tyffyn の真空保温で二重壁のステンレススチールのシェルの中に熱や冷たさを内側に保ち、食品を長時間保温/保冷することができるようになりました。

VacuTherm™ (真空保温)技術

vacu-therm

スリムボディ

slim-body

スリムボディ

当社のランチボックスは簡単に持ち運びができるようにデザインされています。Tyffyn の楕円形の本体は競争相手の製品よりも約 30% 細くなっています。

加圧式ラッチ

当社のラッチは外側と内面の容器を一緒に保つようにデザインされ、ポジティブな圧力を使って閉じられるようにしました。

加圧式ラッチ

pressure

統合ガスケット

integrated-gaskets

統合ガスケット

詳細は大切です。当社のランチボックスは、洗浄の際に取り外す必要のない統合ガスケットによって管理が簡単になっています。

フィンガーグリップ

ステンレススチールの内面の容器は触れないほど熱くなりません。断熱フィンガーグリップで常に触っても大丈夫なようにできています。

フィンガーグリップ

finger-grip

畳めるハンドル

collapsable-handle

畳めるハンドル

さらに持ち運びが簡単なように、Tyffyn のハンドルは畳んで蓋の中に入れられるようになっています。

まとめ買いやコーポレートギフティングの情報をお探しですか?お願いします。 お問い合わせ.